Dec 2011



2011.12.31 (Sat) in NY  ★★★

この1週間やや心配なことが胸の底にぼんやり沈んでおって、でもこんな些細なこと心配じゃないやいと思い込もうとして棘がささり、それがぎりぎりに解決して棘が抜け、新年まであと2時間。 当たり前ってなんだろう。当たり前の素晴らしさ。晩ご飯は、3日ほど冷蔵庫deエイジングさせたリブアイを焼いて、前菜はノルウェー産鯖でつくったしめ鯖。 妙な取り合わせだが、しめられそうな鯖を見たときの習性でつい。
2011.12.30 (Fri) in NY  ★★

エセックス市場の入口にある小さなギャラリー。キムチを作っている姿が見えたので、おやっ実演販売してるのかなとうきうき入って、びっくり。 大量の三つ編みの髪をキムチ漬けするインスタレーションだった。アーティストのキムチ漬けの説明をふんふんと聞く白人二人。まさか本当に食べると思ってないだろうな…。 ああ不気味なものを見た。晩ご飯は、鯛の酒粕焼き、ごぼう巻きと白滝、椎茸煮、新じゃがパールオニオンとルッコラのサラダ、豆ご飯。
2011.12.29 (Thu) in NY  ★★

チャイナタウンを凍えながら散策。よりよって、零下のこの日にまたしても暖房ストップのおしらせビラが。ぬぅ、久々にきたな…。 晩ご飯は、豚バラと白菜と椎茸のかさね鍋をふうふうと。
2011.12.28 (Wed) in NY  ★★

本日も風強い。風のなかに包まれているような一日だ。夕方、風で押しやられた雲の合間に光がさーさーと降っている様に見ほれる。 晩ご飯は、ブランジーノのハーブとレモン詰めロースト。新じゃがとパールオニオンもロースト。大根とビーツスプラウトのサラダ、葡萄の葉のドルマ。
2011.12.27 (Tue) in NY  ★★★

休み明けでだらだらしつつ、ああでも仕事しなきゃしなきゃといいつつ窓の外を見たら、鷹がいた。ご近所のベランダの端に悠然ととまっている。 仕事も手につかず、風に吹かれて胸の羽がふわふわしているのを何度も見にいってしまう。鷹の目は意外に可愛い。 午後から強風雨、昼間の鷹はどうしたかのうと思ってる間に、窓まわりの水漏れでおおわらわ。 晩ご飯は、ビール尻チキンにじゃがいものハーブロースト、アボカドとビーツのサラダ。
2011.12.25 (Sun) in NY  ★★★

外で凍えておったいちじくさん、柚子さんらを家に取り込みながら、「待たせすぎたかねぇ、おまいさんたち」とつぶやく。家のなかが急に緑で一杯になったクリスマスだ。 晩ご飯は、今年最後のビール尻チキン、沖縄紫芋とパールオニオンのロースト、イエローライスはパプリカ、グリーンピースで赤緑黄。
2011.12.24 (Sat) in NY  ★★★

今日はお寿司〜、だからお昼は控えめにー、と歌いつつ、昼からどっさりフレンチトーストを焼いてしまう。問題なく寿司も堪能@15East。
2011.12.23 (Fri) in NY  ★★

朝10時解禁のレニー・クラビッツのチケット購入を忘れて、夕方に見たときはもうめぼしい席はなくなっておった。がっくりしつつ、金曜だということを忘れてベーグル屋に行けば既に閉まった後であった。 あと今日は何に出遅れるのであろうか、くるならこい、とやけっぱちな気分になる。 晩ご飯はラム肉のフィッシュロースター焼き。ブロッコリーニ、茸のにんにくソテー。玉ねぎとアボカドはえごまオイル、クレイジーソルト、オリーブの漬け汁を混ぜたドレッシングで。
2011.12.22 (Thu) in NY  ★★

図書館、ソワードパーク公園のまわりをぐるぐる回る。先日来た時はおっさんばかりだったのに、今日はラブラブな若いカップル多し。その回りを歩きまわる我は怪し。 晩ご飯は、ムール貝のリークとにんにく、セロリのマサラワイン蒸し、マイクロビーツとホワイトマッシュルームのサラダは、バジルオリーブオイルとワインビネガーで。
2011.12.21 (Wed) in NY  ★★

おどおどしながら歯医者へGo。ロックフェラーのツリーはカラフルで綺麗だけれど、今年は手前の街路樹の銀色の灯りがシックで綺麗だった。診察を終えたあとでは、それはもう眩しいほどにきらきらと。 晩ご飯は、しまほっけ焼き、炊き込み玄米ご飯、豆腐サラダ。
2011.12.20 (Tue) in NY  ★★

中華街を散歩していたら、海老名の庭で見つけたタマサンゴ発見。植木として売られておった。ほうう、しかし中国人ならこの毒のタマも食べちゃいそうな。 晩ご飯は、鶏肉を柚子胡椒とオリーブオイルでマリネして、もち粉をまぶしてじゅー。にゅうめん。ロメインレタスとかぼちゃの種のサラダ。
2011.12.19 (Mon) in NY  ★★★

晩ご飯は、乾燥気味の季節にコラーゲンたっぷり摂取しようぞと博多TonTonへ(豚足写真は、こちら)。 コラーゲンを取り込みつつ、美容の話などすればきっとぷりぷりになるはずである、と期待するも、寒風にさらされがざがざと。
2011.12.18 (Sun) in NY  ★★★

クリントン通りを流し歩いて、あーあの店つぶれちゃった、よしよしここはまだ生きておるな、などとご近所観察。それにしてもLESの移り変わり早し。 日本に帰っていた6週間の間にまたも行く店来る店。晩ご飯は、しゃぶしゃぶ。なのに、投入した韓国街の冷凍牡蠣も美味しかった。
2011.12.17 (Sat) in NY  ★★

大量のクリスマスプレゼントをラッピングして、ぬかりなくプライオリティ・メールの箱を郵便局にピックアップしてもらってほっと一息。のつもりだったのが、あと2点届かず。 これでは平日の、恐怖の混み具合の郵便局の長い長い列に並ばねばならなくなってしまうではないか。あーまーぞぉぉん(恨みの声)。 晩ご飯は、平目のバジルソース・パン粉焼き。オーブンのブロイラーで。ほうれん草と黄ニラのにんにく炒め。ムジャダラ。
2011.12.16 (Fri) in NY  ★★

ボストンバッグかついで、ボストンより帰宅。アムトラックは満席でラップトップを広げる若者がたくさんおった。私は何十年も前に書かれたMFKフィッシャーの本を読みふけった。 晩ご飯は、ラムショルダー・チョップのクミンスパイス焼き、ホッピンジョン、ベイビーリーフとゴートチーズのサラダ。
2011.12.12 (Mon) in NY  ★★★

レスポのボストンバッグかついで、ボストンへ。コーディネーター氏がヴィトンのウィンドウをまじめに指差しながら、ボストンバッグの由来を教えてくれた。
2011.12.11 (Sun) in NY  ★★★

オーチャード通りを徘徊して、クリスマスギフト探し。ヨーロッパ訛りのおねえさんたちがやっている可愛いショップで刺繍のついたニットの手袋見つけ、Jスに購入。 これで全部揃ったか、とはあはあ息切れ。晩ご飯は、親方が2.5kgの豚を赤ワインと野菜でじっくりロースト。骨からほろりととれる赤ワイン風味のポークショルダーうまま。 オーブンの火を無駄にするな指令で、ラディッキョもこんがり。
2011.12.10 (Sat) in NY  ★★★

バドミントンの夢を見る。ルールについて知りたいのに、読む本にはバドミントンできる場所や駐車場のことばかり、という葛藤。 起きて、自分へのクリスマスプレゼントはラケットにしようかと思う。ネットを開けば、16歳が大会史上最年少で決勝に、のニュース。 午後、ミシガン・キッズたちのためのクリスマスギフト探し@ソーホー。晩ご飯は、久々のおめんにて和食に真澄吟醸。生ウニ極上、虹鱒と水菜とエノキの柚子あえ、湯葉の海老巻き揚げ、あん肝の重ね蒸し (うどんやや柔らかめ、な写真は、こちら)。
2011.12.9 (Fri) in NY  ★★

久方ぶりのお茶の稽古、初点てのお客に薄茶平点前。すべては忘却の彼方に、るるるると心をぼうきゃくソングが駆け巡ってもひとり。 晩ご飯は、ムール貝のリークとにんにく蒸し、ややトムヤム風味(の写真は、こちら)。胡瓜とブロッコリーニとパセリのサラダ。
2011.12.8 (Thu) in NY  ★★

アムトラックのサイトで列車のチケット買い。プリントアウトしたものをスキャンすればペン駅でチケットが簡単にピックアップできるとな、ふむふむ便利じゃな。 と買った後、しかしプリンタが動かないことに気づき、慌てる。晩ご飯は、韓国街で買いし骨なしカルビをホットプレートでじゅーと焼き、サンチュに包んで食。 ズッキーニ、玉ねぎなども焼く焼く。とNYに戻ればいつしか肉食に。
2011.12.6 (Tue) in NY  ★★★

改稿の苦行。仕事がたてこんできたら、そご飯つくるの相当面倒になってきておる。しばらくきみらと遊べそうにないから、と、酒粕くん、麹くんらも冷凍庫で冬眠してもらおう。 そしてこんなときの冷凍庫のなかの七面鳥。して朝から料理教室。矛盾という楽しみ。 晩ご飯は、ターキー残り物、ムジャダラ(蕎麦の実とフレンチレンズ豆)、ほうれん草とゴートチーズサラダ。
2011.12.5 (Mon) in NY  ★★

苦難の改稿。晩ご飯は、鱈の酒粕漬け、ケールとアボカドとレモンのサラダ、蒸しとうもろこし、ムジャダラ。
2011.12.4 (Sun) in NY  ★★★

まちこ師匠からいただいた酒粕をちょこちょこ使いまくっている。冷蔵庫には、親方のパン作りのイースト菌の先客。ほかにもカスピ海ヨーグルト菌やらなにやら。 育てもんがあちこちに。晩ご飯は、カーシャとフレンチ・レンズ豆のムジャダラ、ハムロースト、ビーツとハラペーニョピクルスの玉ねぎ、ゴートチーズのサラダ。
2011.12.3 (Sat) in NY  ★★★

グランドセントラル駅の交通博物館の別館にて、ミニチュア列車に目を凝らす。じっと凝らしていると、小さい駅員が、小さい牛が、脳内で動き出す。 横で]息子より熱心に眺めている紳士の目のなかでも、きっとちっこい家族が手をふっている。やあ信号だ (ガリバー気分になれる写真は、こちら)。 晩ご飯は、グランドセントラル駅にきたからには避けられぬオイスターバーにて牡蠣三昧。 ロングアイランドの牡蠣、ネイキッド・カウボーイはヒットであった。
2011.12.2 (Fri) in NY  ★★

こでまりるいさんとメール。互いの著書を郵送で交換しあう旨。これぞ著者同士のちっさなクリスマスプレゼント交換だ。 こでまりさんの優しいメールの文面を読むたび、いかに自分のメールがそっけないくせにおちゃらけているかを猛省。 晩ご飯は、鯖の酒粕焼き(ブロイラーで)、とうもろこし、青梗菜としじみの炒め、えごま油、ネギみじん、レモンで。
2011.12.1 (Thu) in NY  ★★

メーシーズのきらきらを横目に、韓国街ぶらぶら。冷凍牡蠣、気の迷いでブラッドそーセージ、えごま油など。 えごま油は、ハングル語がわからないので、画像で見つけた写真の文字を移していったら、瓶にはしっかり「Perilla Oil」と書かれておった。 もうひとつの目的のハトムギは見つからず。晩ご飯は、炊飯器deチキン炒飯、ブラッドソーセージ、大根とアスパラガスのハーブロースト。