Apr 2011



2011.4.30 (Sat) in NY  ★★★

Mixiで見かけた「通りがかるたびに、ひと声ニャ?と声かけてくる猫」の一文に、猫ほしい心またもぐらりと大揺れ。アセビという花が可愛いな、ほしいなと思って調べていたところで、動物には毒、とあったので、諦める。 まだ飼ってもいないし、いつ飼うかも解らない猫のために…。午後、ファーマーズマーケットへ。春のユニオンスクエアはまさに大地の祭りじゃのう。 浮かれてほいほい、たんまりと行者にんにく、アップランド・クレスなる野菜、花の苗など買い込む(ひとり行者にんにく祭り開催の様子は、こちら)。 晩ご飯はラムひき肉でコフタ、ペルシャ胡瓜でザジキ、行者にんにく第一弾は鴨の脂でさっと炒め。
2011.4.29 (Fri) in NY  ★★

大学時代の友人が長年勤めた会社をやめ、バーを開店したとの報。他の友人もまたカフェだか飲み屋だかをオープンするとか。皆、第2の人生を歩みたくなる時期なのじゃろうか、そんな春。 そしてそこに酒がかかわっているのが、やはり友、類は友。晩ご飯はさわらにハーブソルトふりかけて、オーブン焼き、食べラーのせ。アスパラガスとピーマンのペストパスタ、ベイビーグリーンのサラダ。
2011.4.28 (Thu) in NY  ★★★

この時期、また自信も余裕もなくなり、サイトに寄稿などした文章もああ、やはり削除してもらおうか、などうじうじしていたところで、またまた編集さんの言葉にすくわれる。 ほんのちょっと気持ちが上向きに。そうか、たしかにひとはひとを言葉で楽にできるのじゃな。自分がそれをできるかは別として、そういうことはあるのだと知るのは救われること。 夜、千里くんのソロピアノ・ライブ@トミジャズ。始まる前に詩人B氏と、詩について音楽について、焼きそば、唐揚げなど食べつつあれこれ。 「夏渡し」のピアノと朗読、新たな境地に挑みつづける人を見るのはまた胸のすくことである。
2011.4.27(Wed) in NY  ★★★

着物を着ていても、サリーやターバンやバンパイヤ姿の人も多いNYでは、さして珍しがられないものだ。けれど昨日はそういえば、珍しく話しかけられたのだった。 「あなたのそのバッグ、素敵ねえ」と言うから、持っているトートのことかなと思ったら、「ううん、その布の」と背中を指す。どうやら名古屋帯のことを「バッグ」と思っているようだ。 確かに、後ろのお太鼓の中に物は入れられるのだが…(でもお茶会の席で、それはあまりよろしくないマナーだと教わった)。「そ、そうですね、便利ですよー」 「いいワ〜、欲しいワ〜」と明るく去って行かれた。あのブラックの女性が洋服に帯を巻き、野菜を運んでいる姿をそっと思い浮かべる。 晩ご飯は炊飯器でシーフード・ジャンバラヤもどき。グルーパー、帆立、海老などに、野菜はスペックで炒めて。
2011.4.26 (Tue) in NY  ★★

お茶の稽古、丸卓も今日でおしまい。茶杓銘の和歌は、佐保姫で。春をつかさどる神、佐保姫の野辺に幼い娘たちが袖をあらわにして、若菜をつんでいる。 苦手な暗誦もそんな風景を思い描けば、すこしずつ頭によみがえってくるというものだ。ただ、あらわになった袖、というところにどうもイメージが集中しすぎ、 拝見のあいだ中、脳内があらわな袖の子たちで一杯に。晩ご飯はラムとアスパラガスのソテー、ひよこ豆とクスクスとベイビールッコラサラダ。
2011.4.25 (Mon) in NY  ★★

またもホメオパシーのレメディあれこれ試す。つまりは、医者には行きたくない、なんとか治したい症状を抱えておるのだった。何が効くかな、ホールフーズまでひとっぱしりするかな、と思ってストックを見てみたら、17種類も持っていた。 前回の「なんとか歯医者に行かずにすませよう」と焦っていたときに、買い込んだらしい。そして結局、のばしにのばして抜歯する羽目になった我を知れ。 でもまずは、ここから…。晩ご飯はそらまめとアラスカン・ピンクサーモン缶とマッシュルームのクリームパスタ。生クリームのかわりに牛乳とコンソメで。 ベイビールッコラとシャロットのサラダ。
2011.4.24 (Sun) in NY  ★★

感謝祭の日曜。どこの店にも可愛らしい卵や愛嬌あるうさぎがぴょんぴょんと。オーチャード通りをぶらぶらしていたら、ゆっきーに遭遇。おされでやたら真っ白いブティックのなかで、移民査証がどうこう食材どうこうといきなりこみいった立ち話をしてしまう。 それにしてもブルックリンの彼女にはしょっちゅう遭遇するのに、同じ階のお隣さんにはほとんど遭遇しない不思議を思う。美形(男x男)カップルのお隣さんには毎日でも遭遇して目の保養をさせていただきたいのにのう…。 晩ご飯は子羊の足にペストソースやにんにくなどで味付けてオーブン焼き。芽キャベツ、パースニップ、新じゃが、シャロットなどもご一緒に(オーブンの火は無駄にせぬ法則)。
2011.4.23 (Sat) in NY  ★★

終日どんより雨日和、こんな日はすっかり放置気味だったHPに手でも入れるか、と苦労してドロップダウン・フォームというのをつけようとするも、ややこしいのなんの。 webデザイナーにはなれっこないのう(でもできた! 嬉しい! 気づいたひと誰もいないかもしれないけど)。親方は必死で卵スライス器の評判いいものを探しておる。 今まで卵スライス器について考えたことなかったが、糸きり部分がピアノ線とか色々あるんだな。ピアノ線って小さなところで活躍しておるんだな。どうせならステンレス製がほしいねなど、つられて色々考え始める。 で結局探し疲れて、今使ってる100円均一のものでよしとする。晩ご飯はこのところの好物、燻しウィングス、バッファロースタイルに野菜スティックとじゃがいもハーブ塩焼き。
2011.4.22 (Fri) in NY  ★★★

レッドフックのフェアウェイに車(の助手席)でGo。日曜日の感謝祭ご飯のための巨大な子羊の脚、次回燻製のための巨大リブ、新じゃが、芽キャベツ、オリーブ、ナマズなど。 そしてようやく開いたチェルシーガーデンセンターで、ハーブの苗など。苗は植える時より買う時が断然!楽しい。裏の老人病院のレクリエーション日らしく、また歌がきこえる。 今日は下手なロカビリーではなく、懐かしい感じのフォークソング。ユダヤ人の歌かな。晩ご飯はケイジャンなまずでタコス、アボカドと豆腐のディップ、ブルーコーンのトルティーヤチップス。
2011.4.21 (Thu) in NY  ★★★

まちこ師匠の魚教室、本日は魚ではなく春のお弁当。息つく間もないほどの細かな作業を組み合わせて、可愛らしい折にぴちっとおさまった江戸の味ができあがった。 パズル好き、料理好き、収納好き、おでかけ好き、弁当づくりはあらゆるひとをも楽します。あ、私はパズルがすごく苦手なので、まちこ師匠の見本を懸命に真似ただけじゃった (愛らしい六角弁当の写真は、こちら)。晩ご飯は、まかないでしらす丼食べたくせに、また帰ってきて弁当もつまみ食い。 ◆本日の映画;「噂のモーガン夫妻」田舎暮らしをせざるを得ないNYのセレブカップルに扮するヒュー様とサラ・ジェシカ。好物ラブコメに熊や脇役の隠し味もまた美味。
2011.4.20 (Wed) in NY  ★★

まぶたの縁にできた白いぽっちりをホメオパシーで退治する計画を遂行。ろくにあたしのことなんか知りもしないでサ、困ったときだけ、あんたったら声かけてきて。 レメディの束が横向いてすねておるような。◆本日の映画;「ココ・アヴァン・シャネル」本日もオドレイ・トトゥさま。 上流階級のごてごておばさまをエレガントに変身させるココに、小さいころ毎週楽しみにしていた大和和紀の「モンシェリCoCo」と同じくらいときめいた。 晩ご飯は牛肉と菜の花炒め、ハムとカマンベールと胡瓜巻き、フレンチレンズ豆、バーレーのサラダ。酒のおともに、といったメニューをちまちまと。
2011.4.19 (Tue) in NY  ★★

お茶の稽古、薄茶、丸卓拝見あり。先生がちがえば、つい同じ茶杓銘を使ってしまうちゃっかりさは、違う人に会うからいっか、と同じ服を連日着てしまうことに少し似ている。 ◆本日の映画;「プライスレス」オドレイ・トトゥの映画ならなんでもござれ、と期待せず見たが、もしゃもしゃ喋る小悪魔ぶりが予想以上にマブくてこまったちゃん。 晩ご飯はからすみ齧りつつ、ロメインレタスとフレンチレンズ豆、バーレーのサラダ。
2011.4.18 (Mon) in NY  ★★

日系スーパーの配達に来てくれた男性、配達してくれた後にまたトイレを借りていく。「前に来たときも、そういえば行きましたよね」とさりげなく言うと、おはずかしーと恐縮しながら「他のひとはどうしてるんだろう…」と。 トイレが近い私も、それは非常に気になる問題だ。うちは「トイレを借りやすい家」なのかもあわせて考慮すべきか。晩ご飯は春の女子会、今回のBYOBレストランはLESの食道楽。 がらがらの店内、やる気のない店員、甘すぎるホット&チリ・ウィングス、うなぎのたれ風なのがかかったアボカドサラダ…巻き物だけはなんとかイケた。 それも揚げ寿司、ベイク寿司、とやりたい放題で寿司ロールの自由奔放さを見せ付けられた。もう来ないかな…いやその前になくなっているかも…。 女子会自体は楽しくあっという間の4時間半。時間はどこへーきえたのさー。
2011.4.17 (Sun) in NY  ★★★

イーストヴィレッジ・ツアーの日曜日。まずいつも行列ができているので気になっていた7Aでブランチ。ブラックビーンのベジバーガーは黒豆の味がしっかりして旨し。 ただワカモレが柔らかいバンズの間からはみだしてきて、手が緑の宇宙人状態に。後、イーストヴィレッジ・チーズ屋、サンライズ、Sakayaさんで日本酒。 女将のひろこさんによると、今はまだ東北のお酒も入ってきているけれど、ここ数ヶ月後に少し入りづらくなるだろうとのこと。 晩ご飯はラムとカリブで買ってきたスパイスで、クスクス・ロイヤル。スパイスがオランダ語だったので、親方がグーグル翻訳で訳しながらつくっていた。 美味しくできたのでグーグルに感謝。これがまずかったら、グーグル翻訳機能のせいにするところだったかも。ま、現金な。
2011.4.16 (Sat) in NY  ★★

終日雨で向かいのスーパーにいったのみ。こんな日は時間のかかる料理にむいておる。最近ようやくわかり始めてきたと思ったフェイスブックだが、ロゴも何も表示されていないまま、ずっと使い続けていたら、それはFirefoxの間違った設定だと本日気づいた。 ロゴが見える、クリックするためのアイコンが見える、べ、便利…。といって今まで勘でこのあたりかとクリックすることにさして不便を感じていなかったのだ。 私はいかなる不自由なPC環境でもやっていけそうじゃ。晩ご飯はサーモンのシャロットとパセリのハラペーニョマリネ添え。フレンチレンティルとパール・バーレーのサラダ風、ブロッコリーニ蒸し。
2011.4.15 (Fri) in NY  ★★★

復興書店開店。東方に向かって、拍手ぱちぱち。日本の実家から、頼んでおいた本が届いて嬉しや。一緒に入れてくれた揖保の糸(そうめん)の重さで、郵送料はけっこうなことに。高価な本と素麺、大事に味わおう。 と書きながらふと思う。子どもの頃、買ってもらう本の数は限られていて大事に読んだこと。日本語の本がなかなか買えないのは不便だが、この気持ちを思い出せてよかったよのう、とやや負け惜しみ気味にね。 晩ご飯はたことアボカド、マッシュルーム、玉ねぎのパン粉焼き。わさびと胡麻クラストの燻しサーモン。
2011.4.14 (Thu) in NY  ★★

一ヶ月以内にM8級の地震が来そうだとの報道で、両親に温泉旅行のキャンセルを打診。楽しみにしていたようなので気の毒だけど、列車に閉じ込められる可能性を思うと、やはり諦めてくれてほっとした。 観光業界も本当に大変だろうと思う。その分、何か還元する方法もあるのではなかろうか。観光地の土産、物産品をネットで買ったり、とか。と思って早速楽天で海産物を見てんの。 で、とまらんの。晩ご飯はムール貝にシャロットとマサラワイン蒸し。ブロッコリーニのピーナッツソース。ガーリックブレッド。
2011.4.13 (Wed) in NY  ★★

アスベスト除去のはげちょびん廊下に、ようやくタイルが張られた。3週間以上たってからとは、やはり何事ものんびりさんなビルである。 あと気になるのが、下の階の廊下にいまだ飾られているクリスマス仕様のぬいぐるみだ。このまま次のクリスマスまで持ちこたえさせる気満々と見た。 晩ご飯はドライエイジング4日目で赤く熟したハンガーステーキにペンジースパイスでオマケにもらったスパイスをふりかけて焼く焼く。サボイキャベツの温サラダ、コーンとともに。
2011.4.12 (Tue) in NY  ★★★

久々の手下と、たまにはLESの怪しい寿司屋でなく、市場横のエセックスレストランにいってみようよの会。ビーツとゴートチーズのサラダ、サーモンのわさびクラスと焼き、クラブケーキにマカロニ&チーズ。 手下は心臓に加えて、風邪菌におなかもやられたようで、まるい月みたいな顔がやや縮んで、半月のようになっておった。私もずいぶん痩せた、と言われる。 地震のあたりで落ちた体重はまだ元に戻らないが、それに関しては全然、まったく不都合なしなのだった。
2011.4.11 (Mon) in NY  ★★

また日本で地震のニュース。すべての力が手先から抜けていってまた気力がなくなりそうだが、月曜日だ、仕事のはじまりだ。先週作ったサイン本やポストカードを郵便局から郵送。 晩ご飯は昨日燻した眼光鋭い虹鱒のオーブン焼き、おなかにタイムをたっぷり詰めて。ターニップとパースニップのオーブン焼き。ホッピンジョン。 蒸しブロッコリのアボカド、かぼちゃの種、シャロットあえは玉ねぎドレッシングで。
2011.4.10 (Sun) in NY  ★★★

今日も今日とて、あああん、燻製日和(燻製音頭)。自分がこんなに燻製に関わろうとは、小学生のときの私は想像だにしなかっただろう。 しかし就職して四谷新道通りの居酒屋に通うようになったあたりから、その兆候はあった、か。◆本日の映画;「マーシャル博士の恐竜ランド」 ウィル・フェレルのおばかぶり、ある意味、恐竜よりパワフル。晩ご飯は燻したてチキンでウィングス。 バッファローソースにはバターたっぷりだが、そう使うわけではないので、多めに作って作り置き。
2011.4.9 (Sat) in NY  ★★★

チェルシーマーケットにてスペック、いか墨練りこみスタ、フレンチ・レンティルなど買いこみ、チェルシーのギャラリーでオオヤタニ・トオルさんの個展を眺め、タパス屋へ。 充実のチェルシー日和。それにしてもヴィレッジもチェルシーも西のはずれはこんなにおされなのに、私が住む東のはずれの下のほうは、相変わらずこじゃれたものが見当たらない。 残念だが、戻ってくると妙に安らぐ自分がいる。晩ご飯はししとうもどきの素揚げや子牛タンのグリルをのせたトースト、アンチョビなど (ノンストップに食べつづける小皿料理写真は、こちら)。
2011.4.8 (Fri) in NY  ★★

復興書店用のポストカード作業。以前作った大きなものをハサミで1枚1枚切っていく。しゃがんたり立ったりで腰痛(ずらり並べたカードの写真は、こちら)。 そんな今、遠くのことばかり考えて、身近なことを忘れがちだ。ミュージシャンの友人が電話をくれて「大丈夫?」と。 彼は10年前の9.11の時の私の心のねじくれ具合を知っているから、心配してくれたらしい。感謝。私も忘れないようにせねばのう、身近なことを。とまたも思った。 晩ご飯はキャットフィッシュでフィッシュタコス。紫キャベツは固いので、少し蒸してからコールスローに。
2011.4.7 (Thu) in NY  ★★

朝から高木正勝×鈴木慶一による『MOTHER』コンサートの生中継を観始めてしもたら、しごとが始められんじゃあないの。締め切り遅れたら、しだくんのせいだ (高木さんのマネージングやってる友人)。パックマンと魔界村以降ゲームをやったことがないので、マザーが何かも知らなかったし、CGも基本はそう興味なかったのだが、音と映像にぐわんと酔ったよう。 晩ご飯はチキン・ガイヤーン風に鶏もも肉の付け焼き、炊飯器de炒飯、ベイビーグリーンのサラダ。
2011.4.6 (Wed) in NY  ★★★

ヒロコさんの料理教室、本日はブラ尻案(→本当にこう変換されたのだ)、もといブラジリアン。デンデオイルとパプリカの赤い魔力にひれ伏す。 復興書店のそうそうたる参加作家の顔ぶれにためらっていたのだが、メールマガジン用の詩を思い切って送信したのが昨日。不採用で全然かまいません、と書き添えて。 早々に返信くださったいしいしんじさんの感想のありがたさに、こうベをたれる。晩ご飯は豚肉キムチ炒め丼に野菜、しじみのみそ汁。
2011.4.5 (Tue) in NY  ★★★

お茶の稽古のあと、あいた時間を古本屋でじっくりとつぶしてビターエンドへ。渡辺美里&大江千里プラチナコンビの歌とピアノ。そして美里ちゃんと楽屋で20年ぶりの再会! 西武球場のあとに観たライブがビターエンドとは、時間の経過はなんと楽しいものじゃろうか。でも彼女の歌のどんな空気もすりぬけてくるその力強い届き具合は、なんもかわっちゃいなかった。 晩ご飯はポートベロにて毎度のペンネアラビアータにシーザーサラダ。これはもうタイレストランでパドタイを食べるがごとく癖になっている。
2011.4.4 (Mon) in NY  ★★

編集さんと新連載のタイトル詰めに頭を悩ます。そのうち出てくるものがコント55号かバカボン風になってくる。ひとはバックグラウンドと切っても切れないさだめなのだ。 実家の押しいれの天袋には、大切なバカボンと手塚治虫とちばてつや。ピーナッツ・シリーズとさざえさんと大島弓子はガラス戸付本棚の中だが、別に差別意識はないのである。と、誰に言いわけを? 晩ご飯はムール貝のワイン蒸し、シャロットとセロリ、にんにくに鴨の脂少し入れて炒める。たっぷりのベイビーグリーンとひよこ豆のサラダ。
2011.4.3 (Sun) in NY  ★★

ハムスターの輪っかばりに空回りしておった思考のそのかすかな周辺に、あかるい兆しもちらちら混じり始めたることの、救いの春。川沿いのパスマークへ魚でも買いに行こうかね、と思い、うっかり脂こってりなフライドチキンを買っちゃったら、これがうまい。 パスマークの惣菜コーナーには腕のいいブラックのおじさんがいて、前に食べさせてくれた揚げたてケイジャン風海老も美味しかったから、予想通り南部物はいけるのだ。 一緒にマカロニチーズを買おうとする自分をどうにかなだめ、かわりにケールの炒めを添えたのがせめてもの健康的努力。 でもそのケールにも、つい昨日の鴨の脂を使ってしまった、自分のばかばか。
2011.4.2 (Sat) in NY  ★★★

利休を偲ぶ、お茶会へ(マンハッタンとは思えぬ茶室と庭の写真は、こちら)。 それにしても、茶会で点心とお菓子をいただいた後、たらふくブランチをいただけるということは、「着物=苦しい、あまり食べられない」という着物ダイエット伝説をくつがえすものじゃな。 晩ご飯はダックレッグのスキレット焼き。じっくりと鴨の脂で焼かれたシャロット、皮つきにんにく、パースニップスがうままま。
2011.4.1 (Fri) in NY  ★★

外はつめたい雨雪。創作、ゲラ読み、復興書店のための詩と絵の見直しと、ぐるぐるぐる。はっ、気づけば明日のお茶会の着物準備忘れておった。お茶のために忙しがるなんて格好悪いよのうと反省。 ◆本日の映画;「アリス・イン・ワンダーランド」ワシコウスカよりも白塗りハサウェイが映像に君臨し、ははぁとひれ伏す。物語は、ま、なくてもあっても。 晩ご飯は燻製リブをオーブンでじわりと焼きて、コーンと焼き野菜など添え。