Mar 2011



2011.3.31 (Thu) in NY  ★★★

このところ毎晩、アッテンボローさんの鳥シリーズのドキュメンタリーを観。今晩は、肉食の鳥たちの特集。フクロウ、ミミズク、あの可愛い顔で肉をひきちぎる、食い荒らす。 賢者の顔して、猿の子までかっさらって飛んで行くのには参った。「明日のエピソードは魚を食べる鳥だからまだ楽なはず…」と堪えつつ、観た。忍耐の鑑賞。 晩ご飯はしばらくやっていなかった、「ご近所の店をまわろうよ」シリーズで、お初のApizzへ。ロイヤルトランペット・マッシュルームのポレンタ、ブランジーノの香草焼き、クラブケーキなどどれも気持ちいい味。
2011.3.30 (Wed) in NY  ★★

復興書店参加者の方々の勢いに見ほれる。続々といろんな作家の方々が著書提供とメールマガジンへの参加を申し出ていて、それがグーグル・グループメールで刻一刻と送信されてくるのだった。 そのなかに、いま再読しているアリステア・マウラウドの翻訳者、中野さんなどもいて、わわわなどと一人喜ぶ夕べ。晩ご飯は海老のファヒータ、リフライドビーンズとアボカドをトルティーヤで。 シャロットを例の悪女顔パッケージのハラペーニョ・ピクルス缶の汁でマリネしておいて、なんにでもかけて食べるのが流行り中。
2011.3.29 (Tue) in NY  ★★

お茶の稽古、丸卓の拝見あり。本日は私がちょうど2年前の4月に裏千家に通い始めたときから、一緒のクラスだった先輩アニーのお点前最終日。 彼女が点てる最後のお茶をゆっくり啜ったS先生、本当においしいです、と微笑んだ。台湾に行っても、美味しいお茶を点てていくことだろう。晩ご飯は銀だらの味噌みりん焼き。 唐辛子味噌にみりんと黒七味を足したものをぬり、オーブンへ。炊飯器de炒飯にロメインレタスとラディッシュのサラダ。
2011.3.28 (Mon) in NY  ★★★

詩人B氏とペンネ・アラビアータ、シーザーサラダなどのイタリア飯を食しつつ、詩のワークショップ@マリネーラ。私がもっていったのは、10年前のテロのあとで書いた2編。 B氏の英語のアドバイスがありがたし。でも詩って、詩って、なんじゃろう。まだ、そしてこれからもきっと、とんと解らずじまい。
2011.3.27 (Sun) in NY  ★★★

ニューアークへNJトランジットでGo。ジャズFM局WBGOのジャズ・ブランチ。バリトンで歌われるナット・キング・コールに聞き入った。声というのは本当に強い楽器だのう。 そして声は生まれ持ってのものもあるが、楽器のように磨いて磨いて自分のものにしたひとびともたくさんこの世には、いる。性格を変えるのと声質を変えるのは似ているのかもしれない。 強い意志のなせる技。晩ご飯は紫蘇と卵の炊飯器de炒飯。豚肉とザー菜の辛味炒め、ほうれん草のごまあえ。
2011.3.26 (Sat) in NY  ★★

Sakayaさんにて新潟の伝衛門一升瓶、山形の裏・雅山流、四合瓶など。サンライズにて納豆にキムチ。この力のなさは3週間も納豆が切れていたからじゃろうか。 晩ご飯はウィングスに野菜スティック、新じゃがロースト。裏・雅山流、本醸造酒なのに素晴らしい清々しさ。◆本日の映画;「Tokyo!」久々のカラックス映画に石橋蓮司と嶋田久作。 個性と個性がぎゅるぎゅるとねじれあい。美しくもへんてこなものを見た。
2011.3.25 (Fri) in NY  ★★

原稿1枚400字の苦渋。でも1枚できただけでも、ねねねと、おやっさん一人ごち。晩ご飯はグルーパーでフィッシュタコス。アボカド、コールスローは必須、 シャロットの酢漬けはおまけで。
2011.3.24 (Thu) in NY  ★★★

懐かしい知り合いと15年ぶりぐらいに再会し、一緒にJaNET主宰のチャリティコンサートへ@ビターエンド。アーティストの方々が皆、笑顔で音を奏でている姿が胸にぎゅんと迫ってきた (皆さんの笑顔がぎゅんぎゅんなライブの模様は、ブログのほうへ)。 「僕にできるのは音楽をつくること」。私はいま何かをつよい気持ちでつくれるだろうか。つくって誰かに差し出す自信があるだろうか。 晩ご飯はまるみにて、鯖、巻き寿司などつまみつつ懐かしい話。お互い、あのころから本当に状況だけは変わったよねえ、などと(中身はおんなじ)。
2011.3.23 (Wed) in NY  ★★★

ウッドストックの森から雪まじりの雨のなか、NYCに上京(?)された小手鞠るいさんと、和食ランチ@清水。今日は寒いぃ〜と震えていると、るいさんいわく「北に比べてあったかいわよぉ」だそう。 NY州はさても広きかな。やや凍えていた心も、ノンストップおしゃべりで帰る頃には軽くなっておった。お土産に「恋するからだ」の文庫いただく。 ラブリーなハワイの女の子の恋。この子になりたいわぁと思いつつ、早速読む。夜、復興書店に参加希望の旨、島田雅彦さんにメール。 晩ご飯は鶏とブロッコリのカレー照り焼き、イエローライス、コールスロー、シャロットの酢漬け。
2011.3.22 (Tue) in NY  ★★

朝8時から町を放浪。アパート建物の廊下の使われているアスベストを除去する工事が順繰りに行なわれていて、その階の住人は全員とにかく追い出されるのだ。 しかし家ごもり人種に、9時間外を放浪せよという指令はなかなか辛いものじゃった(実録アスベスト除去レポートは、こちら)。 夕、ほつれ髪でよろよろとイーストヴィレッジへたどり着き、ナッシーの誕生会。親しい友とのご飯で、ようやく息をつく。 ワカサギのフライ、アーティチョーク、シーフードのリンギーネ、ラザニアなど@ピッコロ・ストラダ。
2011.3.21 (Mon) in NY  ★★

いつもエレベーターの中で唐突に喋りかけてくるおばあちゃんと、ドラッグストアで目があう。あった途端、「ちょうどいい、あんたでいいわ」てな顔つきで命令された。 「歯磨き探してんのよ」はいはい。「普通のじゃなくて、入れ歯用のよ」はいはい。歯磨き売り場をじっくり探すもなかなか見つからず、急いでいるので逃げたかったが、おばあさん期待の眼差しゆえどうにか探しあてる。 普通とミントフレーパーがありますが。「普通でいいわ」すごく当然といった顔であっさり短く「ありがとね」(下がってよろしい、の口調)。 日本の奥ゆかしいお年寄りたちもこのぐらい全然オーケーよ、皆喜んでかしづくよ、と言いたいが、長い歴史で培われた人種性、そうもいかないんじゃろうね。 書きながら、19年前に初めてこっちで歯磨きを買ったとき、入れ歯用接着剤を買ってしまってルームメートに笑われたことを思い出した。あのぬちゃっとした歯茎の感触! 晩ご飯は昨日燻したリブを1時間オーブンで焼き、そのあいだにパースニップスと新じゃがもオーブン焼き。
2011.3.20 (Sun) in NY  ★★

久々の燻製作り。リブとサーモン。うーん、パスマークの冷凍ワイルドサーモンは身割れしていて失敗だったかも。妹からの要請で実家の両親用の湯たんぽ探し。 お湯の入れすぎ防止になるスケルトンがいいな、キャップの作りはどうか、などレビュー読み込み、いっぱしの湯たんぽ博士に。 精神はゆらゆらぐらぐらゆれまくり、めちゃくちゃネガティブなことをブログに書きたい欲に見舞われるも、都合よくFC2ダウン。これも背後にいる天使のおかげ。こじつけ天使。 誰かを弁護するために誰かを責めたんじゃ、最初に責めたひととおんなじじゃ。晩ご飯は燻製したサーモン(やや身割れ気味、味よし)。温野菜あれこれ。
2011.3.19 (Sat) in NY  ★★★

街頭募金に行くべきか医者にいくべきか、その中間とってどちらも行かぬ情けなさ。夕、「神の手」を持つと巷で噂の(本人はぶんぶんと否定するが)スーパーマッサージ・セラピスト、Hちゃんの家にてアイリッシュ晩餐。 久々に身近なたくさんの人の笑顔を見て、ほうと息ついた。何時間もゆでたというコーンビーフは柔らかくて暖かかった。Yちゃん差し入れの鹿肉のジビエも最高。 寒い夜更けに見上げれば、暗い空に白くて大きなスーパームーン。
2011.3.18 (Fri) in NY  ★★

ドアがノックされたので「急遽断水のおしらせか? はたまたアスベスト?」と開けてみると、上の階のバレリーさんだった。またペンキの色のアドバイスを求めに来たのかな? と思ったら、可愛い花束を手渡された。あなたのことを考えてたのよ、と。隣の部屋のマーガレットも、いつもは物静かに「ハーイ」と挨拶をかわすだけなのが、「ご家族は大丈夫だった?」と立ち話。 私も、日本のことも考えるが、身近なひとのことも考えよう。晩ご飯は帆立のパプリカ焼き、コーン、キヌアとスクワッシュ、マッシュルーム蒸し。
2011.3.17 (Thu) in NY  ★★★

めそめそくよくよしていたところでどうにか1話目を送った編集さんからの言葉で、わずかに救われる。2話目も、あるのだ。この先も、つづいていくのだ。 夜、音楽家Sくん、詩人Bさんと詩の会。言葉で、音で、自分たちにできることを、と語りつつ連日のチャリティライブ準備で疲れているのかSくんテーブルでご就寝。帰って寝んしゃーいと追い返す。 晩ご飯はペンネアラビアータにアーティチョーク@マリナーラ。
2011.3.16 (Wed) in NY  ★★

妹から3時間並んでガソリンを買えなかったとメール。両親は車の免許を返上したため、妹が2週に一度大手スーパーに連れて行っているのに、それも危ういとなると新たな手を考えねばならぬか。 単発で買える宅配はOisixぐらいかなあ、うーむ。晩ご飯は牛肉とアスパラともやしでプルコギ風、蓮根と大豆の炒め煮。
2011.3.15 (Tue) in NY  ★★

恐れていた例のやつがやってきた。無気力おばけ。何かを創ろうとしても、「どうせ」とかき消してしまう黒い消しゴム。五文字ぐらい書いては消すばかり。 10年前のテロ時は消しゴムの威力が強すぎ、何ヶ月も書けなかったが、今回は連載なのでそれはまずかろう…。創作諦め、目前にせまっているゲラなど。手強いなあ、やつらは。 午後、お茶の稽古。先生でさえも「何か集中できないですよね」と。ほの暗い茶室に祈るようにお点前。 晩ご飯はキャットフィッシュだと書かれていたので買ったら、たぶん「Sway」なんじゃないかなあという魚のブラッケンド焼き。サラダのザジキがけ。イエローライス。
2011.3.14 (Mon) in NY  ★★

日本の編集の方々とメール。皆いろいろあると思うが、粛々と仕事にもどるのだ、もどれる場所がそこにあるかぎり。20枚予定の原稿が28枚になってしまったので「いいっすか」と訊くと「いいっすよ」と返ってきたので、8枚余分の1話目送る。 2話目が8枚減ですかすかにならぬよう気をつけねば。晩ご飯は日本から来ている友だちとイタリアご飯@Po。このジョーンズ通りやコマース通り、ミネッタレーンなど短くて可愛らしい通りを歩くとほっとする。 アマトリチャーナのペンネ、ブロッコリラブのにんにくソテー。
2011.3.13 (Sun) in NY  

体調悪。ほとんどのことが手につかぬなか、せめてもと色々調べてブログに地震関連リンクなど更新。自分自身が情報がまとまっているとありがたいと思うたちなので。 午後、ひ弱な腹を励ましつつ、チャイナタウン徘徊。ステンレスの器など色々。同時に結婚式の招待状もとどく。祝福のイメージを心のなかに。 晩ご飯はラムひき肉でコフタ、カスピ海(かどうか、もはや怪しい)ヨーグルトと胡瓜、にんにくでツァチキを作り、ナンとともに。
2011.3.12 (Sat) in NY  

体調悪。まだ地震のことを知って2日目だというのに、長い長い時を過ごしている気になってくる。何かあるとすぐに最悪になる腹を抱え、川沿いのパスマークへ。 しずかな水辺を見るだけで泣けて泣けて。こんなことじゃいかんと思うのに、忘れていた昔の黒々しい感情がまた竜巻のごとく立ち上がり、アチラ側に巻き込まんとしてくる。 晩ご飯は親方作の、一週間エイジングさせた鴨胸肉と皮つきにんにく、パースニップのオイル焼き。ジャック・ピピンさんという人のレシピらしい。 ピピンさんのことはわからぬが、鴨はエイジングしすぎてやや固かった…。
2011.3.11 (Fri) in NY  

ものすごく奇妙な夢を見た。魚のような虫のような巨大な生き物や羽のもぎれた生き物を風車小屋のごとき場所に囲っている夢。その余韻のまま朝起きて、地震のニュースが一面に。 うんともすんともいわない電話がすっと繋がり、実家が無事だとわかりひと安心。妹と実家はすぐの距離なのに、繋がらないらしい。 その後も、胸はり裂けそうなニュースが次から次に飛び込んでくる。とにかく今は祈るしかできない。晩ご飯は骨なしショートリブを繊維と逆に削ぎ切りにして焼肉に。
2011.3.10 (Thu) in NY  ★★

ユニクロのジム・ジャームッシュTシャツに激しく物欲を揺り動かされる。しかし手塚治虫Tシャツの時も動転して買いすぎたので、ここはぐっと堪えよう。 引き出しに今も眠るジャングル大帝、ウラン、アトムのTシャツよ…。ペルー産の冷凍スライス蛸、2時間炭酸と大根で煮ても柔らかくならず。 この手間と、たこへの愛情が大きなアンバランス。あっさり、たこ欲がくじかれた。ご飯はワイルド・ストライプド・バスのムニエル、ハーブソルトとオールドベイ、ど辛いホットマンゴ・レリッシュで。 ブロッコリーニのスティルトンチーズがけに、小さなペルシャ胡瓜の酢漬け。
2011.3.9 (Wed) in NY  ★★★

年に一度の、プリペイド携帯の残高リチャージ。以前日本でこれを忘れて携帯をダメにしてしまったので、最近はグーグルカレンダーで自分にリマインダーを送っているのだった。 そして相変わらず、年間10ドルチャージしても1年前からまるで減っていない。年間数100円の携帯料金。いまどきの高校生に見せびらかしたい。 きっと「ともだち、いないんかい」で終わるであろうが…。晩ご飯は平目のオーブン焼き。インドネシアのピーナッツとココナッツスパイスにオールドベイを振りかけて焼いてみる。 菜の花のこれまたピーナッツだれあえ。
2011.3.8 (Tue) in NY  ★★

ゲラ読みと創作と茶杓の銘探しとその和歌調べを午前中一度にやろうと思えば、あたまは混乱。焦りながら帯を体にぐるぐる巻きつけ、二度目の着物でのお茶の稽古。 心穏やかにするための習い事のはずが、どうしてこんなにばたばたに。七宝棚のお点前、宝がたくさんふってきますよう。晩ご飯は豚肉のアスパラ巻き、黄ニラのおひたしのせ冷奴。
2011.3.7 (Mon) in NY  ★★

いつかきっとやるだろうな、と思っていたら、今日ついに。右手にネットフリックスの返却用DVDの封筒、左手にゴミ袋を持ち、ダストシュートのドアを開け…。 つい、右手のブツをダストシュートのなかへぽとんと。あっ…。慌てて下のメンテナンス事務所に降りていって事情を説明。皆さんが「まず圧縮機のスイッチとめて!」 「運がよければ間に合うぞっ」などと言いつつ、連携で探してくださる。そうか、ダストシュートからまっさかさまに落ちたものは、そのままぽとりとどこかに落ちるのではなく(想像上では、巨大なゴミ箱)、機械に直結しておるとは。 係のひとが例の真っ赤なDVD入り封筒をもってきてくれたときは、ひれ伏したいほどじゃった。ありがとうすみませんと頭下げまくる。 中身はといえば、「An Education」。晩ご飯はムール貝のにんにくセロリワイン蒸し、アボカドとスティルトンチーズのサラダ。
2011.3.6 (Sun) in NY  ★★

向かいのスーパーを覗いたぐらいで、おとなしく過ごす。親方は近所に鴨を求めて旅立ち、どでかい鴨を持ち帰ってきて解体中。 私のからすみ@冷蔵庫ドライエイジング工程に感化されたのか、北京ダックをエイジングさせてマグレット風にするのだという。冷蔵庫の中にどかんと鴨が鎮座していて、他のものがいれられず。 晩ご飯は鶏腿肉をジャークシーズニング焼き(+醤油、酒、ガーリック)でマリネしてじゅー。同じフライパンで炒めたブロッコリラブと一緒に。
2011.3.5 (Sat) in NY  ★★★

ひと晩寝たらかなり良くなっていた。ドクター・ジョンのヴードゥー効果か? と思いつつ、そろりそろりとひな祭りのお茶会へ@日本クラブ。 松花堂弁当に、薄茶にぼけの花をかたどった可愛らしいお菓子。小さなお雛様に見守られた和やかなお茶会の後にアンジェラとカフェに寄りて、またサーモンとチーズのクレープ。 美味しいお茶は食欲を増進させるらしい。晩ご飯は海老と赤ピーマン、玉ねぎのファヒータ風をワカモレとトルティーヤとアドボソースで。
2011.3.4 (Fri) in NY  

風邪を押して、牛若丸でご飯の後、ドクター・ジョンとThe Lower 911のライブへ@サリバンホール。この時期だけあって、マルディグラっぽくお祭り騒ぎのライブだ。 立ち見で大混み、ステージが見えん…。そのうちくらくら周囲が歪みだしてきて、どうせ見えないのだからとしゃがみこんで聴いていた。 結局7曲で断念、ふらつきながらどうにか帰宅して沈没。…と、とりあえず「ティピティーナ」は聴けた…。
2011.3.3 (Thu) in NY  ★★

例によって前髪を切りすぎた。週末のお茶会前のタイミングの悪さよ。前髪よりさらに酷いのは風邪で、それでも予約してしまっていた皮膚科へ。 すかさず近くのバーニーズを各階ごとくまなく覗き、もれなく悪化。とんちき。晩ご飯は冷凍しておいた残り物のバルサミコ酢ポークにせめてひと手間加え、茸ソース作り。 肉をあたためたフライパンににんにく炒めて茸を入れたら、小麦粉ぱっぱ。ワイン、水、醤油、バター、チキンブイヨン、パセリなど適当に足して、ソースにして肉の上にかけてみた。
2011.3.2 (Wed) in NY  ★★

ここ数日、咳とまらず。実家の両親が「TVが見られるなくなるのでは」とたいそう心配そうなので、遂に一昨日、実家の地デジ対策。光フレッツとプロバイダを価格com経由で注文してみた。 さて遠隔操作でどこまでできるかや、と構えていたら、NTT、いきなりの光フレッツライトの従量制料金導入の発表。ほとんどネットを使わぬ両親のためにはそちらの方が断然お得なので申し込みをキャンセルし、ライトの受付開始を待つことに。 振り出しに戻っちまっただ、の巻。晩ご飯はあまり食欲なく、遂に解禁したからすみを大根と。ウィングス残り2本、ブロッコリーニとベイビーグリーンのサラダは玉ねぎドレッシングで。
2011.3.1 (Tue) in NY  ★★

着物を着ての初のお茶の稽古。お点前のずさんさだけでなく、着物を着ていると動作のがさつさ、姿勢の悪さ、ぼろが出るわ出るわ〜のざっくざくである。 茶道がいかに着物を踏まえての作法かということだけは、とりあえず身にしみたのだった。晩ご飯はオーブンでちゃちゃっと魚を焼こうよシリーズ覚書。 鱈の青唐辛子味噌とベジネーズを混ぜソース焼き、350Fのオーブンで20分。途中でパールオニオンとターニップを入れておく。 パールオニオンが甘く崩れて、んまし。蒸したブロッコリーニはブルーチーズ・ディップで。