P a p e r b a c k s
b o o k s h o m e

◆画像をクリックしていただくと、Amazonのページへと飛びます。

ぴしゃんちゃん
Pishan, the waterdrop
■小学館 745円 (2014.9)
■ISBN 978-4094060812
■ページ数 221P
■装画 野中ともそ/装幀 山田満明
■解説 東直子
仕事からも恋愛からも逃げ出してしまうジョーハツ男のもとに、突然現れたおしゃまなしずく、ぴしゃんちゃん。「人生の苦さを知ってしまった大人の心をぴしゃんと潤してくれる一冊」(解説より)。著者描きおろしの挿画も多数収録。


つまのつもり
Pretend Wife
■双葉社 710円 (2014.5)
■ISBN 978-4575516739
■ページ数 336P
■装画 朝倉めぐみ/装幀 芦田慎太郎
結婚して8年、凪のような日々を送る夫婦の日常に舞い込んだいくつかの出来事が、二人の間にもたらしたものとは? 「妻」のしずかな葛藤、「夫婦」という関係に潜む、あやうさやさみしさを浮かびあがらせながら、その確かな「つながり」を軽やかに描きだした夫婦小説。<文庫オリジナル>


銀河を、木の葉のボートで
Leaf boat in the Galaxy
■双葉社 630円 (2012.11)
■ISBN 978-4575515374
■ページ数 296P
■装画 寺門孝之/装幀 芦田慎太郎
■解説 小手鞠るい
自分ではどうにもならないできごとに見舞われたとき、ひとの心はどう変わってゆくのか―。誰の身にも起こりうる「日常」の喪失を背景に、ささやかな奇跡をやさしく描き出す7つの物語。


チェリー
Cherry
■ポプラ社 620円 (2010.02)
■ISBN 978-4591115480
■ページ数 317P
■装画 ヨシエ/装幀 緒方修一
■解説 藤田香織
13歳の少年ショウタは異国の地でモリーという名の不思議な女性と出会う。始めは奇妙な行動に戸惑うが、いつしか二人の間には絆が芽生えていった。 湖の畔、美しい自然を舞台に繰り広げられる永遠の出会いの物語。


世界のはてのレゲエ・バー
Reggae Bar at the End of the World
■双葉社 700円 (2008.11)
■ISBN 978-4575512410
■ページ数 371P
■装画 野中ともそ/装幀 緒方修一
■解説 永江朗
父親の転勤でNYに移り住んだ高校生コオ。怪しくも居心地のいいレゲエ・バーに通い、写真に情熱を傾けながら、未知の世界を17歳の身体と心でとらえてゆく。 自分の居場所を求め、彷徨いながら成長してゆく青春ストーリー。


Teen Age
Teen Age
■双葉社 580円 (2007.11)
■ISBN 978-4575511680
■ページ数 293P
■カバー写真 大橋愛/装幀 鈴木成一デザイン室
十代の気持ちを描いた青春小説アンソロジーに「ハバナとピアノ、光の尾」収録。 収録作家/角田光代、瀬尾まいこ、藤野千夜、椰月美智子、島本理生、川上弘美、野中ともそ


14歳の本棚 家族兄弟編
青春小説傑作選
■新潮社 580円 (2007.5)
■ISBN 978-4101309538
■ページ数 381P
■装画 木内達朗/装幀 新潮社装幀室
北上次郎・編さんによる家族小説選集に「宇宙でいちばんあかるい屋根」収録。 収録作家/梨木香歩、五木寛之、内田春菊、志賀直哉、多島斗志之、川端康成、三浦綾子、森絵都、井上ひさし、宮本輝、野中ともそ


フラグラーの海上鉄道
Flagler's Folly
■集英社 600円 (2006.9)
■ISBN 978-4087460803
■ページ数 340P
■装画 松尾たいこ/装幀 池田進吾
■解説 真保みゆき
別れた恋人からの手紙をもとにキー諸島を訪ねた周。そこで見た朽ち果てた橋は、七十年前に大事故を起こした海上鉄道の残骸だった。 哀しみと再生、燃え上がる想いをキューバ音楽の音色にのせて描く恋愛小説。


宇宙でいちばんあかるい屋根
The Brightest Roof of the Universe
■角川書店 580円 (2006.7)
■ISBN 978-4043817016
■ページ数 263P
■装画 吉田尚令/装幀 都甲玲子
■解説 北上次郎
中学生のつばめは、奇妙で底意地の悪い星ばあと夜空の下の屋上で出会う。少女と老女、屋根屋根をつなぐ永遠の物語が今ぎくしゃくと動きだす。絶妙な会話、胸いっぱいに宇宙が広がるラストへ。著者初の児童向け文学。


パンの鳴る海 緋の舞う空
The Sea of Pan, the Sky of Scarlet
■集英社 480円 (2004.10)
■ISBN 978-4087477481
■ページ数 214P
■装画 野中ともそ/装幀 池田進吾
■解説 明川哲也
ニューヨークの片隅、心に傷を抱えた男女が、パン(スティールドラム)の故郷、陽光きらめくトリニダード・トバゴで繰り広げる切なく激情的な恋物語。第11回小説すばる新人賞受賞作。